« 男なんて○○なもの? (後編) | トップページ | 悩みとの、正しいツキアイ方 (前編) »

2013年3月 1日 (金)

自慢話は効果なし!?

最初のデートで相手の気を引きたい、相手に心を開いて欲しいと思うときってありますよね。今回はそのような場合に使えるテクニックを紹介します。

 自分をアピールしようとするとき、自慢話ばかりの人がいますが、これは大きなミス。そんなことでは、いつまでたっても相手は心開いてくれないどころか、かえって心は離れてしまいます。では どうすればいいのでしょうか。

 まず自分の過去の失敗談を面白おかしく話します。失敗したことのない人はいません。相手は自分と同じところを見つけて、安心して共感することが出来るのです。

 次は自分の悩みを相談します。苦しんだことのない人もいないので、「この人も自分と同じなんだ」という安心感を持ってもらえますが、このときに、相手の心に入り込むのには、キーワードを忘れてはなりません。 

 その言葉とは「キミにだから言うんだけれど」。こう言えば、どんなにややこしい相談でも 相手の心にすんなりと溶け込んでいくことが出来るのです。

 成功した画家は、ほとんどが「暗いテーマの絵」を描いています。でも、その絵から伝わるイメージは、決して暗いだけではありません。自分の「過去の失敗」や「悩み」を、『絵』として完成させて、あらゆる人に表現して伝えていこうとするところから、彼らの全てが始まったのです。

 このメソッドの中で、重要な「キミ(あなた)だから言うんだけど」という言葉は、デートに誘うときにも大きな威力を発揮します。

 ある実験で、デートにOKする際、「普通ならこんなにカンタンに誘いに乗らないけど、あなただからOKします」と言いながら承諾すると、普通にOKしたときに比べて、男性のほとんどが大きな好意を示したといいます。つまり「あなただけ」は最強の口説き文句なのです。

今回の話をまとめると、

まず自分の弱い部分を相手の前にさらけだす。そして「キミにだけ」というキーワードをつけて、自分の悩みを相談する。

これこそがスーパーメソッド「ハート・ギャラリー」!

あなたも心の絵を見せてあげてください。1枚でも2枚でもいいのですから。

« 男なんて○○なもの? (後編) | トップページ | 悩みとの、正しいツキアイ方 (前編) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809244/49532889

この記事へのトラックバック一覧です: 自慢話は効果なし!?:

« 男なんて○○なもの? (後編) | トップページ | 悩みとの、正しいツキアイ方 (前編) »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ