« お近づきになるために (後編) | トップページ | 接待の心 (後編) »

2013年8月 9日 (金)

接待の心 (前編)

今回は、「接待の極意」について考えていきます。

まずは問題から。大切な相手を接待するとき、次のどの場所がもっともいいでしょうか?

 1「高級クラブ」  2「高級バー」  3「高級料亭」  4「居酒屋」

 答えは決まりましたか?

 では、こんなお話を。心理学者バロンは「クラクション実験」というものを行ったことがあります。まず車を一台用意して、運転させます。そして信号の前に止まらせ、その信号が青になっても止めておきます。このとき、後ろの車がどのくらいの時間でキレてクラクションを鳴らすかを調べたのです。

 でも面白いのはここからです。後ろの車がクラクションを鳴らすまでの間に、ABCDの4つのパターンで、「女性」を通りがからせました。Aは、普段着の女性が近くを通るだけ。これはノーマルですね。Bは、同じ女性が片足に包帯を巻いて、松葉杖をつきながら通ります。もちろんケガをしているという演技です。これを実験者は「同情」を引かせる条件としました。ここまでは、理解できますね。

 そしてCは、その女性がピエロのお面をかぶって通りがかります。これを実験者は「ユーモア」条件としました。……なんか、「ユーモア」なんて言葉で片づけられない気がするのは、私だけでしょうか。さらにD。このときは、同じ女性が、むちむちボディコン(死語)なみの露出度の、セクシーな服を着て通りがかります。これを実験者は「性的覚醒」条件と言いました。「覚醒」というとカッコいいですけど、結局は「Hな欲求を刺激した」ということですね。実験者さんの趣味と実益をかねている気がします。

 さて、そんなわけで実験は行われました。このとき、どの条件で、後ろの車の人がキレてクラクションを鳴らすまでの時間が、もっとも長かったと思いますか?

 この実験は 今話した条件ABCDに加え、「後ろの車にエアコンがついているか、ついていないか」のそれぞれに分けて、調べられました。この理由は単純で、やっぱりエアコンがない車ほど暑さでイライラするのが早い、と考えられたからです。そして実際の結果も、その通りになりました。

 まず「エアコンがある場合」は、ABCDのどれでも、ほとんどクラクションを鳴らすまでの時間は変わりませんでした。金持ちケンカせず、といったところでしょうか。

 そしてここからがポイント。やはりエアコンがない車は全体的にクラクションを鳴らすまでの時間が短かったのですが、上のBCDの場合は、いずれもその時間が極端に遅くなったのです。中でもDのセクシーな衣装のときは、エアコンがあったのと同じくらいの時間がかかりました。セクシーはエアコンと同じ効果を持つ、といったところでしょうか。

 もちろん、Bの「同情」やCの「ユーモア」も、それに負けないくらい クラクションを鳴らすまでの時間がかかりました。すなわちこの実験の結論は、適度な「同情」や「ユーモア」や「お色気」は人の怒りを抑え、エアコンがあるのと同じくらい気分を快適なレベルに保つということ。

次回予告:では、果たして冒頭のクイズの答えはどれなのでしょうか?そしてそこから導き出されるテクニックとは?

« お近づきになるために (後編) | トップページ | 接待の心 (後編) »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1809244/53323817

この記事へのトラックバック一覧です: 接待の心 (前編):

« お近づきになるために (後編) | トップページ | 接待の心 (後編) »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ