« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月18日 (水)

さび○んぼう

さび○んぼう

こんにちは、ゆうきゆうです。

 

 

 

いきなりですが、「鏡を見ないで生活しろ」っていわれたらあなたはどうしますか?

 

今日は「好きになった人には付き合っている彼(彼女)がいる」という人、必見です。

 

 

 

 

フランスの小噺に「女性を殺すにゃ刃物は要らぬ、鏡の無い部屋に新しいドレス100枚とともに閉じ込めればそれで良い」というのがあります。

ちっとも七五調になっていませんね。

 

 

人間って、自分を移し込む物がないと不安になってくるもんなんですよ。

女性だけではなく誰でも、鏡や自分を客観的に見つめる第3者と話して自分の魅力や立場を確認しないと、やっぱり不安になってくるんですね。

自分ははたして魅力があるのか、どうか?と。

 

 

 

ところで、交際関係にある男性と女性では、気持ちの盛り上がり方に少し異なるところがあります。

男性は付き合い始めというか、付き合ってしまうところまでがピークで、あとはビミョーに落ち着いてきてしまいます。

対して女性のほうはどんどん気持ちが盛り上がっていくようです。

 

 

そういう風に交際期間中は、男性のほうにちょっとした覚め具合が生じるので、女性はそれを不満に思うことがあるでしょう。

同じ人とマンネリのように付き合ってると、褒めてもらうこともなくなるし、受け入れてもらえることも少なくなる…。

 

 

交際中や 結婚っていうのはやはり世界を限ってしまうので、表現は悪いですけど檻に閉じ込めている状態に近いと言っていいでしょう。

犬をつないでおけば、つないでおくほど散歩に行くと大喜びしますけど、野犬は散歩ぐらいじゃ大喜びしないでしょう?

 

 

実はこれを『不貞の法則』といいます。

「結婚している女性は結婚していない女性に比べて、周りの男性からの褒め言葉により強く反応する」というものです。

 

 

これは恋人がいる女性にも当てはまると思います。

だから交際相手がいる人でも、合コンに行ったりすることで、自分の魅力の再確認をはかっている面はあると思います。

そういった意味で、彼氏がいる女性のほうが落としやすいと考えるところもあるのかもしれません。

 

 

 

だから、好意を抱いた相手に彼氏がいるからといって、あきらめる必要はまったくない、むしろ、そのほうがチャンスなんだと思っても良いかもしれないですね。

ではまた次回、お会いしましょう。

Sabishi

sabishi.jpg

イラスト…ソラさん

2013年12月17日 (火)

愛の記念

こんにちは、ゆうきゆうです。
突然ですが皆さん、結婚記念日に夫婦喧嘩をした事はありませんか?
普段は仲良く暮らしているのに、誕生日や結婚記念日に限って彼とけんかをしてしまう人は意外といます。
一体どうしてそんな事が起こるのでしょうか?
 
 
 
 
実は、男性と女性では、気持ちの盛り上がりのピークに差があります。
------------------------------------------------------------------------------
<男>
急激にアップ。そのために惚れっぽく、一目惚れするのはたいてい男。
そのためアプローチするのも男。
そしてその女性と深い関係になるのがピーク。
あとは少しずつなだらかに下がっていく。
<女>
なだらかにアップ。
男に告白されたり、ずっと見ているうちに、少しずつ気持ちが上がっていく。
もちろん深い関係になったからといって気持ちが下がることはなく、ずんずんと上がっていく。
ちなみにピークがないかというとそうでもなく、結婚がピークで微妙に下がっていく女性も多い。
 
---------------------------------------------------------------------------- 
 
 
というわけで。
実際に「深い関係になってから結婚まで」では、男性の気持ちが、女性の気持ちを下回り、そのズレによって行き違いが生じることも多いものです。
ところで、女性はこと恋愛に関してはバツグンの記憶力を誇ります。
そのために「記念日」などもよく覚えていて、それを一緒に祝ってもらおうとします。
しかし男性の興味は少しずつ冷めていますし、記念日という細かい日付を記憶すること自体が苦手。
また、半年や一年はいいけど4ヶ月目記念とか5カ月目記念とかは意味がわからないのです。
 
僕も微妙にわかりません、すみません。
 
 
ですから記念日を1カ月ごとに祝っていたら男性にとって、過度の負担のくり返しです。 
「この間したばかりなのに、また記念日なんて。
  覚えてないだけで怒られて、それでまたこんな面倒なことをしたりして。
 何でこんなコとつき合ってるんだ!」
と、逃げたくなってしまう男性もいるでしょう。  
 
 
 
よってあなたが女性なら、記念日を相手が覚えていなくても、決して怒ってはいけません。
また記念する日は、最小限にしてあげましょう。
 
もし祝いたいのなら、
「私、他にはなんのワガママも言わないから、誕生日とつき合った記念日だけは、一緒にご飯食べたいの…」と、お願いするように言いましょう。
 
 
ヘタに「あの日もこの日も…!」なんて言っても、相手はうんざりするばかりです。
 
 
そして相手の手帳に書いてもらいましょう。
先にも書きましたが、男性は基本的に細かい日付を記憶すること自体が苦手です。
忘れない工夫をあなたがしてあげるのです。
奥さんなら居間のカレンダーに大きく花丸を書いておいても良いでしょう。
それこそがベスト。
 
 
あなたが男性なら、とにかく手帳でも携帯でもいいので、記念日をメモしておくこと。
8月2日なら、「ハニーの日」とかゴロ合わせを作ってもいいでしょう。
すごく微妙なたとえしか思いつきませんが、何でもOKです。
ファイトです。
 
 
 
 
ではまた次回。
 
 
kiryu04-1.jpg
Kiryu041
イラスト… 桐生乱子さん

2013年12月12日 (木)

私の一番大切なもの

こんにちは、ゆうきゆうです。
今日も張り切ってまいりましょう。
 
 
 
-------------------------------------------------------
今日の出演は、新人歓迎会に出席中のタカイチ君です。
 
 
「お、上寿司かぁ、張ったじゃないか!♪」
縁もたけなわ、お酒もほどよく進んでほろ酔いかげんのその時に、隣に座っていたミカコちゃんが話し掛けます。
「タカイチ君、ガリ嫌いなの~?ちょうだい。」
と、返事するまもなく、生姜はミカコちゃんの口の中。
「私ガリってだ~い好き♪♪」
     『…僕だってだ~い好きなんだけど。』(by 心のつぶやき)
------------------------------------------------------- 
 
 
 
 
さぁ、あなたはこんな経験ありませんか!?
 
 
 
今日のテーマは 「好きなモノは最初に食べる?後に取っておく?」です。
けっして、「恨みの度合い」ではありません。
 
 
 
「ショートケーキのイチゴ」や、「ラーメンのチャーシュー」 「八宝菜のウズラ」など、
好きなものを真っ先に食べる人、最後の最後にとっておく人、これはどういうことなのでしょう。
 
 
 
 
 
これは、「未来志向型」「現在志向型」というの2つの性格の違い、といえると思います。
まず、好きなモノをあとに取っておく人は、かなり未来への気持ちが強い人。
「あと少しで食べられる…。あと少しで、あの味を感じられる…」
というように、高まりつつある自分や、幸せな未来を思い描きながら、毎日を生きることができます。
こういう人は、今がつらくても、何か楽しいことがあるに違いない!と思って、日々仕事など、行動できるでしょう。
ひと言で言えば「想像力が強い」わけです。
ただ、上のタカイチ君のように、誰かに食べられてしまい幸せがなかったりする可能性もあるので注意が必要です。
年金も破綻してますし。
 
 
また、基本的に「未来にはいいことがあるはずだ…」というように幸せを夢想しながら人とつきあっていくことができるので、多少のマイナス部分に目をつぶってしまいます。
そのため、働かない男など、結構だめんずをつかみやすいかもしれないので気をつけてください。
でも、いつも楽しそうにしているため、友達が周りによってくるタイプかも。
 
 
 
逆に「先に食べてしまう!」という人は、「とにかく今!今さえ良ければ、もう先のことは何も考えられない!」というように、今の幸せだけを求める人です。
そして残りの生活は、たとえつらいことがあっても、「あれだけ楽しかったんだから…」というように、そのときの喜びを何度もかみしめながら、生きていくことができます。
こちらは、「記憶力」が強いわけですね。
とくに、体感としての記憶力が高いでしょう。
しかし現実の事ばかり考えすぎるていると、アリとキリギリスの童話のように、たまに足をすくわれることもあります。
恋愛で言うなら、あまり考えず遊びまくり、あとから後悔するタイプかもしれません。
けれども、それさえ気をつければ、年をとってからではできない事をたくさん思い出にすることができる人でしょう。
ではまた次回。
taisetsu.jpgTaisetsu_2
イラスト…ソラさん

2013年12月10日 (火)

教えて欲しいの♪  「上司を動かせ」

こんにちは、ゆうきゆうです。
 
 
以前、「やって、させて、ほめて」で人を動かす、という事をお話したところ、かなりの反響がありました。
その中でも多かったのが、「うちの上司もこんな風に教えてくれたなら」というお言葉です。
 
「もうちょっと判りやすく教えて欲しい」
「叱ってばかりで緊張してしまう」
「質問をしても、自分で考えろ、と取り合ってくれない」
「自分の失敗は部下に押し付け、部下の成功は自分の手柄にするから 
 だんだん仕事への意欲がなくなってきた」
 
 
 
お気持ちとってもよくわかります。
うちの上司も、せめて見せて…いえ。
そんな恐れ多い事は考えた事もございません。
 
 
そういうわけで、今回のお話は、「上司を動かせ」です。
 
 
 
さて、心理学者、フロイトはこう言っています。
人間のあらゆる行動は、2つの動機から発する――すなわち、性の衝動と、えらくなりたいという願望とがこれである。
つまり、人は誰でも『認められたい』と願っているのです。
ですから、失敗を部下のせいにしたり、居丈高に命令したりする上司は、実は自分をえら
く見せよう、失敗は許されない、と、必死だったりするのだと思われます。
すなわち言い換えれば、それだけプライドが飢えていることの証。
 
 
よってまず大切なのは、その人のことを誉めてあげること。
「●●さん、いつもありがとうございます!」「残業ですか? お疲れ様です」というよ
うに、どんなにくだらなくてもいいので、プラスの言葉をかけてあげることが大事です。
それは単に「ありがとう」「嬉しい」という短い言葉だけでも構いません。
それだけで、コミュニケーションも円滑に行き、職場の雰囲気も柔らかくなるはずです。
 
 
 
もう1つ、心理学には「好意の返報性」というものがあります。
一言でいうなら、「人間は相手から与えられたのと同じくらいの好意を返す」という事。
ですから、自分にとって本当に嬉しい思いをさせてもらった時、「相手に同じ好意を返したい」という心理が働くのです。
それではどのようにすれば、もっとも相手に好意を示すことができるのでしょうか?
そのカンタンな方法こそが、「『相手』で始まる言葉」を話すことなのです。
あなたが恋人と久しぶりに会ったとき、「ぼく一人で寂しかった…」と言われるのと、「君に会えなくて寂しかった…」と言われるのでは、明らかに後者方が嬉しいはずです。
ですから、わからないことを聞きに行く時や、OKをもらいに行く時など、頻繁にこの「あなたは」「あなただけに」という単語を使って話し掛けるのです。
「最近工房内の小さな事故が増えているのは、○○さんはなぜだと思われますか?」
という風にです。
「どうやっても上手にこなせないのですが、○○さんはこんな時どうやっているのです
か」
こんな風に言われれば、「認められたい」という気持ちも手伝って、上司は張り切ってくれることでしょう。
また、わからないことを聞きに行く時は、質問の仕方を考えてみてください。
「こちらの設計ですが、A案ですと大きくなりすぎ、B案ですと機能が少なくなってしまいますね。
 僕は機能もいいのですが、やはりコンパクト性をとりたいと思うのですけれども。
 でも、○○さんはどう思われますか?」  → 2択(または3択、)で聞く
「この材質の特徴がわからないのですが、Aを調べたらいいのでしょうか」
 → イエスかノーで答える
このような質問の仕方を「閉じた質問(クローズド・クエスチョン)といいますが、答えを、2択、3択でまたはイエスかノーかでというように少なくするのです。
このように質問されたなら、相手も返事がしやすいというものです。
しかし、これではまだ不完全です。
もう一歩踏み込みましょう。
質問に答えてもらったなら、心からの感謝と感心を示して見せるのです。
「なるほど、そうとは気がつきませんでした」
「○○さんの言われた通りにしてみたらできました、ありがとうございます。」
そうです。
ここで最初の「ほめる」に戻るのです。
心からの感謝を返してみてください。
ところで、仕事上の上司も教育者ではありません。
もちろん、人を指導するに至って「指導の仕方」を受けたりもしますが、初めから上手な人はいないのも当たり前。
やってみせる、をしてくれない、説いて聞かせる、をしてくれない…。
が、ために何をどうして欲しいのか、よくわからない、というときもあるでしょう。
そのために、わからないままに仕事をして、失敗しては自分が叱られ損です。
「○○さん、先ほど言われた事は、昨年度の売上を100としての数字を出す、
 ということで あっているでしょうか?」
という風に指示を受けた時は復唱して、確認を取ってみましょう。
 
 
 
 
でも、ミスタージャイアンツの 「『ずーっと来たら、ググッと引いて、バン』これだよ」というのは、僕にもどうすれば変わるのか、わかりません。
Momojousi2
<momo-jousi2.jpg
イラスト…百福さん

2013年12月 7日 (土)

気持ちよくして欲しいの

『だいたい!前から言いたかったんだけど!』
 
 
 
ピンチ!  あなたの一言が、恋人を怒らせてしまいました。
この怒りを回避するにはどうしたらいいのでしょう?
 
 
 
1.『食事でもしながら話そうよ』と、お茶や食事に誘う
2.『ところで…』と話をそらす 
3.『今時間がないから、あとで』と時間を置く 
4.『あなたの怒った顔、みのもんたに似てるね』
 
 
 
 
 
 
あなたの答えが出てから続きを読んでくださいね。
 
 
 
 
 
 
さて解説です。
 
 
ちょっと古いんですけれど、有名な漫画『○ゃりんこ○エ』の おばぁ が、こんな事を言います。
 
『人間、おなかいっぱいな時は、よう死ねんもんや。
 おなか減ってて、寒うて、おまけに暗~い所にいたら、もうあかん。
 みじめやな~、と思ったらとにかくお腹いっぱい食べて、あったかくするんや。』
 
 
心理学には『連合の法則』というものがあります。 
 
このおばぁのセリフは『連合の法則』を見事に言い当てています。
 
『連合の法則』とは、「1つの気持ちが他の気持ちまで同じように染めていく事」を言います。
 
 
 
昔、アメリカでこんな実験が行われました。
被験者をABの2つのグループに分けて、それぞれに対してある内容を説得してもらったのです。
そのときにAグループはそのまま説得、Bグループはポップコーンとコーラを食べさせながら説得、をしてもらいました。
すると結果は、Bグループの方が、より説得される率が高かったのです。
つまり、食事など生理的に満たされていると、目の前にある事柄に寛容になれる、ということです。
 
 
それと同じで、やわらかいイスに座っているとやわらかい気持ちになり、寒い部屋にいると寒い気持ちになります。
ですから、その時そばにいる人に対しても、やわらかいイスに座っていればやわらかい態度になり、寒い部屋にいれば閑散とした態度になるのです。
 
 
これを利用してある国では、政府が「反政府デモ」を抑えるために、デモの会場となる広場に水道やトイレなどを設置したそうです。
つまり、「トイレに行きたい」「水を飲みたい」あるいは「手を洗いたい」という生理欲求を満たし、あまりイライラしないようにすれば、人は寛容になって、デモは収まりやすくなるかもしれない、と考えてのことです。
そして事実、そのデモは例年に比べて勢いが弱まり、簡単に鎮静化したのです。
という事は、もしかしたら広場にハンバーガーの屋台やHビデオの怪しいお店があったなら、デモはもっと早く収まったかもしれません。
 
 
…。
 
 
 
す、すなわち正解は1番。
2番や3番は、その場しのぎに過ぎません。
 
4番についてはそれ以上聞かないで下さい。
 
 
 
さて、この連合の法則は、様々な応用を利かせることができます。
例えば、快適な部屋では不快な部屋に比べて相手への印象が良くなりますし、「いいにおい」をかいでいるだけで相手の話に納得されやすくなったりします。
つまり、相手を口説きたければ、とにかく『気持ちよくしてあげる』と言う事ですね。
間違っても公衆トイレで口説いたりしてはいけないのです。
 
 
ではまた来週お目にかかりましょう!
 
 
 

2013年12月 3日 (火)

ピンクのもやもや

 
こんにちは、ゆうきゆうです。
 
 
今日はずばり、「恋愛体質のなり方(入門編)」です。
恋する相手がいなくても、常に五感を刺激して、
感性を鋭敏にしておけば、 恋は向こうからやってきます!
用意はいーいですかー?
 
 
 
 
 
 
さて!
あなたが今、恋をしていなくても大丈夫。
それは、自分を見つめ、磨く時間が、たっぷりあるということです。
恋をしていないときこそ チャンス!
そして、恋は五感をすべて使ってするもの。
日常生活にも五感を刺激する習慣を取り入れましょう。
 
 
 
 
 
◆季節の花の匂いをかぐ
 
 
花の匂いをかぐ、月や星を見上げる、雨や風を感じる、美術館で絵を鑑賞する、など、一見、恋愛と無関係に思える事柄ですが、これらは恋愛パワーの源です。
きれい、素敵、気持ちいい、この原始的な感覚の鋭敏さは、恋愛において重要なファクター。
日々の中で美しいものを見る、触れる、感じる工夫を忘れずに。
 
 
 
 
◆声の波動に毎日浸って
 
 
自宅では、好きなボーカリストの歌を流して、声の波動に浸りましょう。
会社、駅、レストランなど、ありとあらゆる場所では聞き耳を立て、好きな声を分析しましょう。
どういう声が好きかわかると、恋の聴覚が鍛えられ、恋愛感性が磨かれます。
聞くだけでドキドキする! なんて声の主に出会えたら、積極的に近づいてみる。
それだけでも変わってくるものですよ。
 
 
◆温かくて柔らかいものに触れる
 
 
恋愛冷え性を治すために、温かいもの、柔らかいものをいつも身近におきましょう。
クッション、カイロ、ぬいぐるみ、ホットドリンク…etc.
オフィスや家で対策を。
ときと場合によりけりですが、スキンシップも方法のひとつ。
さりげなく、二の腕や肩にタッチして。
癒しのペットを飼うのもアリ。
ぬくもりをじっくりと体感しましょう。
 
 
 
 
◆イメージトレーニング
 
 
恋から遠ざかっていると、ネガティブな事を考えがち。
まず自分を覆っている殻をイメージし、それを打ち破って外へ飛び出す自分を創造しましょう。
何度も何度も繰り返しイメージしているうちに自分の殻を打ち破る、強さとフットワーク
の軽さが身につきます。
 
 
 
 
◆ピンクの空気を深呼吸
 
 
あなたの周りの空気はピンクのもやもやです。
目をつぶり、リラックスして、ピンクのふわふわもやもやを、深く大きく吸い込みましょう。
恋のモードを高めるために、規則正しく息を吸い込み、体の隅まで行き渡らせて、静かにゆっくり、吐き出します。
自宅、オフィス、どこででも、なんども実践してください。
気分転換、若返りにも、効果あり。
 
 
 
 
◆洗顔前に 心もピカリ♪
 
 
朝起きて、笑顔で鏡に向かいましょう。
“ あ い う え お ”と大きく口を開けながら、顔全体をストレッチ。
筋肉がほぐれれば血の巡りや顔色も良くなりますよ。
にっこり笑えば心もほぐれ、恋愛モードに近づきます。
そのまま1日過ごしましょう。
就寝前にも習慣づけて。
 
 
 
 
 
いかがですか。
ここまで読んだだけで、もう、愛しい彼の事を考えているかのように、胸がどきどきしていませんか。
 
今のあなたの状態が、恋を呼ぶモードです。
いつもこのモードにいられるよう、何度もやってみてください!
 
 
 
 
 Music2
music2.jpg
イラスト…百福さん

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

最近のトラックバック

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ